本文へスキップ

流氷窯はオホーツクの焼き物です。

電話でのお問い合わせはTEL.0152-54-2272

〒093-0213 北海道北見市常呂町字土佐2-34(手工芸の館内

陶芸体験【てびねり体験】









手廻しロクロの上に粘土の塊を置き、指でひねり上げながら形を作っていきます。
一番手作りの趣をお楽しみ頂ける作り方です。
世界で一つだけの器で食卓を彩って下さい。

500gの粘土で湯のみ・飯椀・鉢・皿等お好きな形の器を1個作ります。

小学生のお子様よりお楽しみ頂けます。(小さなお子様はお皿が作りやすいです)

流氷焼は地元の粘土やホタテ貝等を使って流氷模様をイメージした当窯オリジナルのやきものです。

又、余った土で箸置き等を作る事もできます。

粘土の色は白と赤(流氷焼)から選べます。
釉薬(土の上に掛ける色)をお選び頂けます。
粘土を追加する場合は追加料金がかかります。(例・もう一つ作りたい場合は540円プラス)
所要時間は約60分。
出来上がりは1~5か月(窯焚きのタイミングによります)
参加人数は1名~20名程度迄

 料金 2800円(税込)

*団体料金 11名以上 お一人様2500円

■作った作品の発送について
*送料は1グループにつき1か所サービス。2か所以上に発送の場合は別途送料をいただきます。
*海外発送は別途送料をいただきます。

■ご利用の際は予約をお願い致します
陶芸体験開始時間 9:00~15:00(木曜・金曜は19:00迄)





 
 申し込み   ネットで予約 下記内容をお知らせ下さい。
●希望の開始時間  
●体験コース
(タタラ・てびねり・ロクロ)
●お名前
●連絡先電話番号
●人数
 ☎ 0152-54-2272   電話で予約
 info@tokorollc.sakura.ne.jp  E-MAIL
で予約


 (他の予約がない場合は当日現地にて受付も可能です)

 てびねり体験ー手順
 粘土を叩きます
 
手回しロクロの真ん中に置いて穴を開けます。  *右の平らなお皿の場合は叩いて麺棒で伸ばします。
 
指でひねりあげて厚さを整えます。
 
道具で撫でてきれいにします。
 
*平らなお皿の場合は縁を立ち上げます
 
口元に皮をかけて仕上げします。
 
泥状の粘土で流氷を描きます。(青でオホーツク海・白で流氷)
 
完成!  *後の作業は窯元にお任せ。
 
余った粘土で小物も作れるよ♪

 てびねり体験出来上がり見本 *このページの画像は全て実際にお客様が作った作品です。
 
左・赤粘土 釉薬 マロン              右・赤粘土・釉薬 ルリ
 
左・白粘土 釉薬 鉄青磁                 右・白粘土 釉薬 青貫
 
赤粘土 釉薬 外側 織部 中透明 刷毛目模様入り
 
左・粘土赤 釉薬 織部                右・粘土白 釉薬 白マット
 
余った粘土で作った小物


このページの先頭へ

shop 

流氷窯

ところ街づくり合同会社
〒093-0213
北海道北見市常呂町字土佐2-34
(手工芸の館内)
TEL.0152-54-2272
FAX.0152-54-2720
e-mail info@tokorollc.sakura.ne.jp













LINK リンク


全国のレジャー・遊び・観光方法が満載。 あそびゅー! ASOVIEW!
教室・スクール検索『趣味なび』
全国窯元マップ